Just another WordPress site

思う存分洗えるもの

幼稚園の制服は思う存分洗うことができるものを

ついこの間まで小さな赤ちゃんだったのに、幼稚園に入園する日がやってきて少し大きめの制服に身を包んだわが子は親にとっては世界一かわいい姿に違いありませんね。初めて幼稚園の制服にそでを通した日の胸の熱くなるような気持ちは親ならば誰もが感じたことのある気持ちでしょう。なんだか少し誇らしげでちょっと大人っぽくて、生意気で可愛らしい。お母さんの後をついて回っていた甘えん坊のわが子がいつの間にこんなに大きくなったのかと、目頭が熱くなります。

少し大きめの服を着て少し緊張しながらも頑張って毎日幼稚園に通うわが子も、だんだんと幼稚園での生活に慣れてくると活動範囲も広がり、制服へのダメージもどんどん大きくなってきます。かわいくてきれいだった服も毎日の通園で時には信じられないような汚れをつけて帰ってくることもあるようになります。さらに成長して体力がついてくると今度は時には服を破いてしまうことさえあるようです。そんな活発な幼稚園での生活を支える服は、デザインがどんなに素敵なものでも家でしっかりと洗うことのできる素材でできていることが求められます。それも洗濯機でハードな洗い方をしても大丈夫な耐久性の高いものでなければやんちゃ盛りの幼稚園児の生活を支えることができません。しかもどんどん汚すようになってくると洗い替えのためのものも準備しなければ洗濯が追い付かなくなってしまいます。

制服は幼稚園入園の際に揃えるものの中でも結構高額なので、何着も買い求めるとなると費用の負担も大きくなってしまいます。ハードでタフな生地でできた服なら、卒園した先輩のものを譲り受けることもできます。先輩ママから子供が卒園していらなくなったものを譲ってもらえれば最高だし、幼稚園で行われるバザーに制服のリサイクルコーナーがある場合もあります。育ちざかりで汚し盛りの子供のためにはリサイクルのものも存分に活用して、どんなに汚しても安心なようにしておきたいものです。
子供は汚すのが仕事と割り切って、汚したら洗うのが日課になると覚悟してしまうことです。タフな素材でできていれば心置きなく家で洗うことができるし、子供がいくら幼稚園で汚してきてもママにとっては何の心配もいりません。今や幼稚園の制服はその可愛らしいデザインも園児を集めるための重要なポイントになると言われています。でも、元気な子供たちが卒園するまで毎日着る制服はかわいいことも大切ですが、日々の洗濯でもびくともしない、耐久性の高い丈夫なものが求められます。